岐阜県No1の塗装専門店

資料請求

資料請求はこちらから

お問合せフリーダイヤル0120-999-855

メールでのお問い合わせはこちらから

屋根工事&塗装工事のポイント

屋根工事のポイント

屋根工事を考え始めた時・・

岐阜塗装センターはあらゆる観点から中立な立場で、お客様目線で最適なご提案ができる会社であると自負しております。

屋根の痛みをセールスの方に指摘されたり、または自分自身で老朽化に気が付いたり、そのきっかけはまちまちだと思います。屋根工事を考えるに当たり、ご自分で屋根の上れる方は、その痛み具合を直接確認することが出来ますが、高所が苦手な方にとっては、誰かに言われた事を鵜呑みにするしか術はないでしょう。


そして基本的なことになりますが、屋根といってもその使用されている部材によって工事をする人間が変わってきます。


瓦であれば瓦屋、トタンであれば板金屋というのが定説です。


もしあなたの家の屋根が瓦であれば瓦職人に頼むべきでしょうし、また瓦から軽量屋根のトタンを希望されれば板金が得意な会社に頼むべきでしょうし・・。カラーベストであれば、直し方は塗装、瓦、板金という選択が可能です。


総合屋根工事屋というのは極まれです。弊社は、瓦、板金、塗装と言った各分野の専門職人が一同に在籍している極めて珍しい会社なので、様々な角度から多種多様なご提案が可能なのです。


もしあなたの家が瓦で板金屋に工事を依頼したなら、板金屋根への葺き替えを強く薦められるでしょうし、板金屋根を瓦工事店に依頼したら瓦への葺き替えを薦められるでしょう。もちろん板金屋根、瓦屋根それぞれに一長一短があります。偏った説明をして自社に有利に運ぶことも可能です。


岐阜塗装センターはあらゆる観点から中立な立場で、お客様目線で最適なご提案ができる会社であると自負しております。

瓦の種類

瓦と一概に言っても瓦であれば、セメント瓦、モニエル瓦、陶器瓦、いぶし瓦、平板瓦、S瓦、スレート系であればカラーベスト、工場用波型スレート、かわらU、金属系であれば横葺き、エバールーフ、段ルーフ、折版、瓦棒、たてひらがあります。

瓦のお手入れ方法

瓦の場合、主だったお手入れ方法は漆喰補修、瓦止めラバー、瓦のズレ直し、番線の交換、棟の葺き戻しなどがあります。そして、葺き替えです。

工事側として必要のない工事は行わず、お客様のご要望に合ったご提案を心がけております。

カラーベストのお手入れ方法

塗装(ウレタン、アクリル、シリコン)と板金屋根のカバー工法(重ね葺き工法)や葺き替えがあります。また補修では、年数が経つと棟の板金の釘が抜けそうになってくるので、棟の付け直しを行います。

トタン屋根のお手入れ方法

トタン屋根が年数を経ると、鉄部からサビが出てきます。 サビをそのままにしておくと穴が空いて雨漏りの原因となります。サビ穴が発生する前に、早めの塗装をお勧めいたします。 また、年数が経っていれば葺き替えをお勧めいたします。


※また良くあるケースですがサビなどで穴が空いてなくても雨漏りするケースもあります。 それは毛細現象による雨漏りです。年数が経つと目では見えないミクロの隙間が出来、それを伝って雨漏りするケースもたびたびあります。

カバー工法

カバー工法という言葉をお聞きになったことはないでしょうか?

カバー工法とは屋根に限らず建築の分野では良く使用しますが、既存の屋根材、外壁材をめくらずに、その上から張っていったり、葺いていくやり方を言います。


メリットとしてはめくり代、処分費がかからないと言うことでコスト的にメリットがありますし、「屋根が二重になって丈夫だ」という考え方の方も いらっしゃいます。 また反対に、古い屋根材を隠すようで気持ちが悪いというお考えの方も見えます。


※ただ瓦の上に瓦というカバー工法はありません。

屋根の耐久年数について

瓦の場合は20年~30年と一般的に言われます。瓦自体そのものは100年以上も持ちますが、瓦と瓦のズレにより下地に雨が回ったり して葺き替えをされる方が多いです。


カラーベストの場合、10年で塗装をされるか20年くらいで葺き替え、若しくはカバー工法や瓦への葺き替えを検討されるかたが多いです。トタンの場合は8年くらいで一度、塗装をされることをお勧めいたします。最初からステンレスの場合はお手入れの必要はありません。


しかし、長年の雨や雪により結露により下地が腐ることも中にはあります。

15年位前よりガリバリウム鋼鈑(ガルバリウム鋼鈑)と呼ばれるステンレスとトタンの中間の商品が世間に出始めました。ガリバリウム鋼鈑というのは基本はトタンなのですが、簡単に言うとトタンの表面にアルミの粉塵を焼付け塗装したものです。


メーカーによっては10年保証してくれます。 ガリバリウム鋼鈑製のトタンの場合15年くらいで一度塗装などのお手入れをお勧めいたします。

アスベストについて

建築物には、従来アスベストといわれる物質が使用されておりました。

人体に害のある物質なのですが、建築の構造的には強度を持たせるために有効なもので、屋根材のカラーベスト(スレート)も例外ではありませんでした。


カラーベストの場合は、もともとアスベストが混ぜてあり強度が増し、割れにくかったですが、以前世間を騒がせたアスベスト問題があってからはカラーベストメーカーのナショナル、クボタがノンアスベストと謳ってアスベストの混入を無くし、その代わりにカラーベストの厚みを少し厚くしました。


それでもアスベストが入っていた昔の薄いタイプよりも割れやすいというか弱くなりました。今ではカラーベストの出荷量も激減し、ナショナルとクボタがクボタ松下外装(KNEW)と言う名前で合併しました。


最近出始めたカラーベストと瓦の折衷の商品として「ROOGA」が発売されましたが、残念ながら弊社では、まだ施工したことがありません。

工事費について

屋根材を比べた場合日本瓦、陶器瓦、セメント瓦という順番で工事費が安くなってます。トタンとカラーベストの場合は然程両方とも差はありませんでした。瓦とトタン、カラーベストを比較した場合、どうしても瓦のほうが高価なイメージでした。


しかし、昨今の石油高騰の影響を受け金属関係の価格が急騰しております。その為、近い将来、瓦の値段とトタン、カラーベストの値段が逆転するかもしれません。理由は他にも色々あります。金属関係の場合、そのメーカーは世界に名立たる大手メーカー。 中小の問屋はその方針に従わざるを得ません。


カラーベストの場合シェアの90%をクボタと松下が占めてましたが、その両方が合併したことにより競争がなくなり 仕入れが高くなっています。


瓦の場合、元々は地元の製瓦工場で焼いていたのですが、それも衰退していき、今では有名どころの瓦の産地として 三州瓦、淡路瓦、石州瓦などが有名です。 しかし、三州瓦の中にも30を越す瓦メーカー(窯元)があります。 弊社の場合三州瓦のメーカーより直接仕入れておりますので瓦代金は格安にお譲りできます。

材料は一緒でも職人次第

瓦材料、板金材料も弊社は格安で仕入れることが可能です。ただいくら製品が安くてもそれを工事する人間が上手に工事を出来なければ何もなりません。例えば料理でも、いくら高級素材を揃えても、調理人が私、中村のような料理の出来ない人間であれば、ずっと冷蔵庫にしまったままです(笑)


高級素材を有効に調理できる人間が絶対条件です。


また、弊社には国家資格の一級技能士が在籍しております。安く仕入れた材料をお値打ちにお分けし、そして質の高い技術で提供していると言う点が弊社の強みでもあります。経験1年、2年の職人か20年以上の有資格者の職人か?あなたはどっちに工事を任せたいですか?


ただ、一つ言えるのは、資格と言うのは鵜呑みに出来ません。弊社社員だったNと、職人の○○さん。どちらも経験20年、一級技能士、瓦技士と、資格も経験も同じくらいだったのですが、そのクオリティーは全く違いました。


「常に考えているか?考えていないか?」それに尽きます。考える人間は、お客様のことを考え、工事の段取りを考え、会社の事を考えてくれます。考えない人間は自分の事しか考えません。

技量が同じくらいの人間でも、考え方や扱い方によって工事のクオリティーはがらりと変わってきます。

瓦葺き替えシュミレーション

岐阜塗装センター出葺き替え工事をご希望の方に瓦の種類、色のシュミレーションソフトを使用し、ご提案させていただきます。

もう、これで色選び、瓦選びで悩む必要はありません。費用も無料ですので、是非ご活用くださいませ。

岐阜塗装センターの最大の「売り」

岐阜塗装センターは屋根外壁工事のスペシャリストなのです。

建設業許可書、一級技能士、職業訓練指導員、会社組織などのハードの面ではありません。2008年2月現在、ホームクリップひて顧客満足度が岐阜県No.1ということでもありません。


岐阜塗装センターには多彩な工事事例の写真集があります。お客様の工事中の写真を20~30枚デジカメで撮ります。

それも「売り」なのでしょうが・・・。岐阜塗装センターの最大の強みは、屋根工事外壁工事に関して、それぞれにスペシャリストが在中しているということです。だから提案段階からお客様の選択範囲が多くの補修方法の中から自由に選択できます。


「岐阜塗装センターは屋根外壁工事のスペシャリスト」なのです。

塗装工事のポイント

岐阜塗装センターの塗装工事の特色

契約完了後の色決めの時に、カタログに載っている色以外から選んでも同じ金額。 日本塗料工業会のD版300色からあなたの家にあった色を選択できます。 また紙のサンプルだけではイメージがつかみにくいという方に、弊社が持っているカラーシミュレーションソフトを使用し、完成後のイメージをご提案。 デジカメから取り込んだあなたの家が着色されます。


また、ご希望の方に限り工事完了時にはお客様と一緒に足場へ上って工事確認をさせていただいております。 お客様のOKを頂いてから5営業日内に足場を撤去いたします。 よくある会社のようにあらかじめ足場撤去の日程を決めておりません。


あくまでお客様の了承を頂いてから撤去いたします。

塗装の基礎知識

新築時にはアクリル系の吹き付けが多く見られます。塗り替えに使用される塗料にもいくつかの種類があり、通常よく使用されるものにウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料、弾性塗料があります。数ある塗料の種類の中で最も耐久性に優れているのが2液性型塗料です。

ウレタン塗料水性硬化反応型ウレタン、一液性型ウレタン、二液性型ウレタン
シリコン塗料水性硬化反応型シリコン、一液性型シリコン、二液性型シリコン
フッ素塗料水性硬化反応型フッ素、二液性型フッ素、NAD系二液性型フッ素
弾性塗料単層弾性、複層弾性
水性硬化反応型塗料が乾燥する過程でウレタン、シリコン、フッ素に硬化していく塗料
一液性シンナーと塗料を混合する。
二液性シンナーと硬化剤と塗料を混合する。
複層弾性弾性塗料がベースでその上にウレタン、シリコン、フッ素などの塗料を塗り重ねる。

料金の目安

2回塗りを基本とする業者・3回塗りを基本とする業者私の知る限り、工務店さんの現場で一緒になったほかの塗装業者と話をすることも多いのですが、その時に下塗り(透明か白色)を塗って、上塗りの色を一回だけしか塗らない業者も多いことは多いです。


他県では分りませんが、岐阜では通称「ピン・ピン」といったり「イチコロ」と言ったりします。ピン芸人の「ピン」だったり、「一回ローラーでコロがす(転がす)」の略で業界用語です。弊社の場合は下塗り(シーラー・フィーラー)と中塗り、上塗りの3回を基本としております。


悪意のある職人は、3回塗ると言いながら「予算がないから・・」という理由でピンピンだったりイチコロでごまかす人もいるので要注意です。

塗装の塗り方

岐阜塗装センターでは「ローラー塗り」が基本です。

塗装の塗り方というと「吹き付け」と「ローラー塗り」があります。 手間を考えると「吹き付け」の方が断然早く塗れます。主に新築時は吹き付けが多いことも特色です。


ただ塗膜を考えると「ローラー塗り」の方が厚みが出ますし、近所への塗料が飛散するといった心配がありません。 岐阜塗装センターでは「ローラー塗り」が基本です。

職人について

弊社ではタオルを頭に巻いて塗る職人、帽子をかぶって塗る職人はおりません。 以前はヘルメットの着用は任意でしたが、現在は完全着用です。 塗装工だけでなく、高所作業者全員に義務付けております。(万が一の事があると大変ですので・・)


また言葉が悪く語弊があるかも知れませんが、塗装職人は「ヤンキー上がり」の若い子が多い業種でもあります。 弊社では「金髪」「ピアス」「赤やピンクのニッカ」「眼つきの悪い職人」は在籍しておりません。 気さくで皆、気のいい人間ばかりです。

弾性塗料は厚めに塗る

当たり前のことと笑われるかもしれませんが、弾性塗料は厚めに塗るのが基本です。 ただ厚めに塗って仕上がりをキレイに納めるには職人の技術が必要です。 岐阜塗装センターは知識・技術・実績・サービス・お客様思いの心が備わった人間ばかりです。ご安心ください。

耐久年数について

ウレタン塗料(二液型):8年 シリコン塗料(二液型):10年 フッ素塗料(二液型):15年

塗装のようで塗装でない塗料

弊社の一番のお勧めは、東亞合成という会社の【アロンウォール】です。 皆さんは東亞合成というメーカーをご存知ですか? おそらく日本人なら確実にそのメーカーの商品を使用した事があると思います。


アロンアルファーを作っているメーカーと言えばお分りでしょうか? 東亞合成のアロンウォールは、基本的には塗装ではなく防水材です。 防水材を3回塗って、その上にさらに塗料を塗る優れものです。 この工法、商品をお選び頂ければ、もうひび割れに悩むことはありません。


ただ通常の塗料と比較すると高額になってしまいますが、 外壁から雨漏りがある場合などには絶対にコレをお勧めいたします。

架設足場について

架設足場は基本的には外注です。ほとんどの会社が専門の足場業者に依頼しております。 自社で持つには大きな倉庫も必要ですし、大きいトラックも必要になり 最終的には維持費だけでも相当な金額になりますので、弊社が外注業者にお任せしております。 昨年までは4社~5社の足場業者に仕事を委託しておりました。


しかし、今年から一社に絞ったことで足場費用も断然格安になりました。 その一社を選んだ理由として、職人のためを思って組んでくれる足場。格安。ネットがキレイ。 玄関先や車が止まる付近の足場に保護用の弾力材を巻き、お客様がぶつかって怪我をしないように努めております。

高圧洗浄について

ささっと1時間くらいで終わっても高圧洗浄水洗い。 半日掛けても高圧洗浄水洗い。 適当に表面だけを洗っても、隅々までの汚れを注意深く洗っても高圧洗浄です。 弊社はもちろん後者です。

技術がない職人、心がない職人

昔5年前くらいですか。私が屋根職人として工務店さんの下請け職人として同じ現場で作業をしていた 気のよさそうな塗装職人Sさんという方がいました。


ちょうどその時お客様から直接、屋根工事を頼まれていて、少し塗装工事も頼まれ、私はその職人Sさんに依頼しました。 軒天の隙間をコーキングでしたり、屋根から物を落としても掃除をしなかったり、私のブルーシートをペンキで汚しても知らん振り・・・ 人は見かけでは分りません。


結局、軒天は違う職人を入れてパテ埋めからやり直し、掃除も私がしました。 心もなく技術もない職人でした。彼に今でも工事を頼んでいる工務店様やお客様は気の毒です。


このSさんのような職人はこの業界には少なからずいます。 でも岐阜塗装センターには一切おりません。 技術に100%はありません。今日よりも明日のほうが上達するでしょうし・・。 常に上を目指さなければなりません。


究極の選択で 技術があるのに心がない職人と技術は一流ではないけど一生懸命な職人だったら私は後者を選びます。


ただ岐阜塗装センターの場合、各現場の責任者は国家資格の一級技能士の資格を持った、心優しい職人です。 岐阜塗装センターの職人は皆様の不安や疑問にお応えし、ご満足頂ける施工をさせて頂きます。 この業界は全体的に少なくないですが、塗装業者の中には、怖い「や○ざ関係」の方も多いのでお気をつけ下さいね。

最後に中村から

今いる職人は、私自身、厳選した職人ばかり!

昔、Sさんのような職人に依頼し、最後の手直しを言い訳ばかりしてやらなかったので、私が缶に塗料を入れて 慣れない手でタッチアップした事はあります。 でも色々な塗装職人を見てきて私も、かなり勉強しました。


今いる職人は、私自身、厳選した職人ばかりです。 皆様に喜んで頂ける自負もございます。お問い合わせや見積りはお気軽にどうぞ。 また最後の完工検査は私が致します。直接職人に言いにくい場合は私、中村にお申し出下さい。 私どもにお願いいただいた以上、私がすべての責任を負う覚悟でやってますから。

Page Top 

お電話でのお問い合わせ0120999855,メールでのお問い合わせ