岐阜県No1の塗装専門店

資料請求

資料請求はこちらから

お問合せフリーダイヤル0120-999-855

メールでのお問い合わせはこちらから

よくあるご質問

  • 塗装リフォーム
  • 屋根リフォーム
  • 外壁リフォーム
  • その他

お客様から寄せられたご質問と回答をご紹介します。
こちらのページでなおご不明な点がございましたらお問い合わせよりお気軽にお問い合わせください。

塗装Q&A

Q1:塗り替えに適した季節は?

A

:特にありません。お客様からは冬場は寒いし、夏場は職人さん暑そうだし塗料もすぐ乾くから適さないのでは? と良く質問をされます。
冬場は氷点下の時はさすがにアフターの事を考え敬遠しますが、それほど寒くなければ大丈夫です。 後々の責任がありますので、万全を期して工事を致します。

Q2:外壁の塗り替え周期は?

A

:一概には言えませんが7年から10年の間ではないでしょうか?
実際に各家庭のさまざまな都合で15年くらいで始めて塗装をされる方がいらっしゃるみたいですが、 金銭的に余裕があればこまめに塗装をお勧めします。

Q3:サイディングは塗装の塗り替えは必要ですか?

A

:サイディングと言っても窯業系のサイディングもありますしボード系もあります。
金属サイディングではアルミ製、ガリバリウム製がございます。 まず前者の場合、塗装は必要です。後者の場合、基本的にアルミは錆びませんので不必要です。
ただ水垢とかが気になれば高圧洗浄をお勧めします。 またサイディングの場合は特にコーキングの割れヒビの点検も必要です。

Q4:塗り替えかサイディング張りかで迷ってます。どちらが良いのでしょうか?

A

:どちらもお勧めです。一番ダメなのは何もしないと言うことです。 塗装とサイディングの場合、工事費も倍近く変わってきます。
昨今のガソリン高騰により金属関係も値上がりしておりますので、その時々によって 金属関係の値段は変わってきますが、塗装のほうが断然お値打ちに出来ます。
ただ防音、断熱などでお困りの場合はサイディングをお勧めします。 サイディングの良いところは塗装にできないデザイン性が出来るという点ではないでしょうか。

Q5:工事中、家の中までシンナーくさくなりませんか?

A

:塗料には水性、溶剤があります。溶剤は油性ですのでシンナーが入ってますが、水性も若干ではありますが混ざっています。
ですのでどうしてもシンナー臭くはなると思います。ただ溶剤の方が臭うことは臭います。

Q6:塗装の色は何種類くらいあるの?

A

:実際私にも分りません。日本塗料工業会によると塗料メーカーだけでも大小色々で101社あります。 SK化研というメーカーの外壁仕上げ材だけを見ても50種類以上あります。
101社×50=500? 途方もない数です。 ただ市場に出回っていて人気のある商品は大体決まってますが・・・。

Q7:塗装の類って色々あるの?どう違うの?

A

:塗料といっても、リシンのようなアクリル、ウレタン、シリコン、フッ素、遮熱断熱塗料、光触媒塗料、セラミック、など多種多様 ございます。
またそれぞれ水性、溶剤、1液、2液などあります。2液の場合硬化剤と弾性材があり、すべてを網羅しようと私も勉強中です。 ただ最近はウレタン、シリコンが一般的です。

Q8:見本と外壁に実際に塗った塗装は違うと聞きましたが・・・

A

:そうですね。家を新築されるときもクロスや屋根材、ドアの色などを見てお決めになられた方も多いかと思いますが、 どうしても目の錯覚で小さいものだと濃く見えて、大きいものだと薄く見えてしまいます。
また塗料の性質によるツヤや陰影によってもイメージは変わってくると思います。
ですので、実際に塗装をする場合は弊社より、日本塗料工業会の色見本を貸し出しますので、モデルの家を見つめ 壁に着けて色合わせすると大体、その家と近いイメージの色に仕上がると思います。

Q9:樋は塗ってもすぐにはがれるから意味がないと聞きましたが本当ですか?

A

:塗っても意味がないと言うことはありませんが、美観的にはきれいになります。
ただ樋を塗っても塗らなくても、そこから雨漏りしたり錆びたりすることは余程ないので意味がないと言えばそうかも知れ ません 。また樋の勾配が狂っている場合は樋を架け直したほうが得策と考えます。
せっかく足場があるので、もう少しお金を出せば樋を新しく出来ますので、弊社の場合は、樋の架け替えをお勧めすること も多いです。
勾配が狂ってない場合は塗った方が金銭的にも得策でしょう。

Q10:建物の塗装の目的は何ですか?

A

:美観をキレイにすることと、防水性を復活させることだと思います。
新築時に比べると防水性は経年劣化してますので、劣化すれば雨漏りの原因になります。

Q11:塗り替えの工事費用はどのように決まるのですか?

A

:足場代、材代、機械などの償却費、経費、作業代、清掃代 営業経費 などです。

Q12:足場代、材代、機械などの償却費、経費、作業代、清掃代 営業経費 などです。

A

:外壁からの白い粉はコンクリートのアルカリ成分が流出して出る、エフロレッセンス現象だと思います。
エフロが起きていると言う事は、 どこからか雨水などの水が浸入し発生していることが考えられます。
エフロの発生箇所には必ずひび割れがあります。補修はこのヒビわれに沿ってカットしコーキングを打ち直す事をお勧めします。

Q13:サイディングの間のコーキングが割れているのですが、そのまま塗装しても大丈夫ですか?

A

:状況によります。 微弾性塗料で埋まるようなヘアークラックなのか?増し打ちすれば大丈夫なのか?
それとも打ち替えしたほうが良いのか? 一概には言えません。現場判断になります。
ただ、コーキングを打つ場合、プライマーもしない職人もいますので要注意です。

Q14:ケレンって何ですか?

A

:ケレンとはトタンなどのさびなどを削る作業工程をいいます。
錆びている上に塗装をしてもすぐにはがれますので、この工程は欠かせません。金たわし、マグネット式のたわしや時にはグラインダーで表面を均します。

Q15:塗装してもヒビ割れが出ることもあるの?

A

:ないとは絶対言えません。塗装面は表面的なものですので、木造などの場合特にそうなのですが 家が傾いたり、家にな負荷がかかっていると、ヒビ割れは免れません。
それがない場合は、数年大丈夫でしょう。

Q16:2階の部分と1階の部分で色を変えたいのですが出来ますか?

A

:出来ます。ただ見切りや帯がある場合に推奨します。金額は割高になります。

屋根Q&A

Q1:屋根の葺き替えは絶対に必要?

A

:絶対という事はありませんが、しないよりはした方が家のためには良いと思います。
ただお金もかかりますので補修という手段もあります。また補修で十分という場合もあります。
屋根の状況を見て、その家その家で事情が違います。

Q2:屋根材の葺き替えは何年ごとにするの?

A

:特には決まっておりませんが、20年、25年目で考えられた方が良いと思います。

Q3:瓦の葺き替え工事の工期は?

A

:一日に入る職人の人数にも寄りますが、大体1週間から2週間くらいです。

Q4:葺き替えに『適した季節』ってあるの?

A

:昔は泥葺きばかりでしたので、冬場は泥が凍ててしまうので敬遠されましたが、 今は引っ掛け葺きがメインなのであまり関係がありません。
しっくいも不凍液入りを冬場は使用しますので、お気軽にご用命ください。
ただイメージとして冬場は皆様、敬遠される傾向にあるので、職人も忙しくないので かなり格安で施工できると思います。私たちは通称「正月価格」と言ってます。

Q5:葺き替えと葺き戻しの違いって?

A

:葺き替えは既設の瓦を処分して、瓦を新しくして葺き替えること。
葺き戻しは既設の瓦を一度めくり、下地を直した後、再度その瓦を使用して葺き上げる事を言います。

Q6:葺き替えの時の工事中に雨が降って、家財が濡れてしまわないか心配ですが・・?

A

:ご安心ください。十分な配慮をして工事を進めますが、万が一、当方の養生ミスによって 雨漏りし大切な家財道具に損害を与えた場合、工事賠償保険を使用し弁償いたします。
また工事後も工事ミスにより損害を与えた場合、保険にも加入しております。

Q7:葺き替えででた古い瓦や土などは誰が処分するのですか?

A

:当方で致します。認可を受けた処理場へ運搬いたします。

Q8:今はカラーベストだけど瓦に葺き替えできる?

A

:出来ますよ。ただタル木が下地にあることが絶対条件です。 その場で安請け合いをして、逆にご迷惑をおかけしたくありません。

Q9:葺き替えではなく、他に直す方法ってあるの?

A

:いろいろあります。現状を見させて頂きご提案させていただきます。

Q10:瓦は何年持つの?スレート(カラーベスト)は?トタンは?

A

:瓦は100年くらいは余裕で持ちますよ。
ただ粘土の焼きが甘い瓦だと凍て割れする瓦もあります。 これは地場の瓦が多いですね。
噂によるとオイルショックの時に出た瓦がその症状が見受けられます。
全部が全部ではなく一部の地元の窯元の場合です。 ただ現在は、弊社もそうなのですがJIS規格の瓦を使用しておりますのでその心配はありません。
スレートの場合は10年を目処に塗装をしたほうが良いでしょうね。そのまま放っておくと塗装では住まなくなりますから。 トタンもスレートと同様に言えます。早め早めに塗装したほうが良いでしょう。

Q11:「しっくい」って?

A

:漆喰(しっくい)とは屋根の一番高いところ、瓦が積んであるところの棟と呼ばれる部分と、
平瓦の間に白く見えている箇所や、 鬼瓦と呼ばれ三つ葉のような形をした瓦のところにある白いセメントみたいなものです。
漆喰とはセメントとは違い、すさなどを混ぜ合わせることにより割れにくく防水性もあります。 お城や蔵の壁などにも使用されるほど防水性に優れてます。
屋根での役割は、棟の棟下(通称 三日月)では瓦土を雨から守るために使用されております。

Q12:良くセールスの人が「ラバーラバー」って言いますがラバーロックってどうなんですか?

A

:ラバーというのは、かわら専用ボンドで瓦と瓦を接着し、ズレを抑える工法のことです。
平板瓦や和瓦でいうところの防災の役割も果たすと私は考えます。 よく業者によっては賛否両論あると思いますが、私は良い工法だと思います。 瓦を葺きかえることを思えば10分の1くらいで施工できますし・・・。
ただ一部の悪徳業者が屋根の葺き替えが出来るような高額な金額で契約したので悪い評判が立ったと考えます。 工法的にはやり方さえ間違わなければ、良い工法と考えます。
「ラバー工事」で200万、100万という話も良く聞きます。訪問販売の会社が得意としてますね。 例えば30坪で訪問販売の会社が100万、200万だとすれば弊社であれば20~30万くらいで出来ます。 訪問販売の場合100万のなかで利益が80万円ということも良くあるそうです。

Q13:屋根の見積りは屋根に実際に上ってするの?

A

:はい。7寸勾配までであれば実際に上って写真を撮って、お見積りを致します。 もちろん、その写真をお客様にお渡しします。

Q14:診断・点検の時間がどれくらいかかりますか?

A

:診断・点検で10分~20分。ご説明で10分くらいでしょうか。

Q15:カラーベスト、トタン(GL)、瓦の長所、短所を教えて。

A

:軽いことです。地震には強いが台風には弱い。 以前は瓦に比べると格安で施工できたのですが、近年のガソリン、金属関係部材の高騰により 以前に比べると、材料台が高くなってきました。

Q16:屋根の異常をカンタンに素人でも見付ける方法ってあるの?

A

:下から見て瓦の谷の部分の壁が均一である所を見たり、 屋根を斜め下から見て通っているかを見たり出来れば大丈夫かと思います。

外壁Q&A

Q1:屋根の葺き替えは絶対に必要?

A

:絶対という事はありませんが、しないよりはした方が家のためには良いと思います。
ただお金もかかりますので補修という手段もあります。また補修で十分という場合もあります。 屋根の状況を見て、その家その家で事情が違います。

その他Q&A

Q1:小さなことでも頼めますか?

A

:もちろん、喜んでお引き受けいたします。弊社は自社社員による施工ですので、工事の大小関係なく喜んで工事致します。

Q2:電話でお見積りが出来ますか?

A

:はい、だいたいの概算予算は言うことが出来ます。ただ現場を見ていない状態ですので、あくまで一般的な工事金額ですが・・・。
はっきりしたことは現場を見て見積りをさせて頂きます。 無料ですし、お気軽にお申し付けください。

Q3:見積りは無料ですか?見積りしたら工事しなければいけないですか?

A

:見積りは無料です。見積りをしたからと言って、お客様に義務も責任もありません。
弊社の場合、お見積りを提出させていただいてから、お電話や訪問などは一切しておりません。
基本的には、お電話、訪問はしておりません。中には、商売熱心ではないと笑ってお叱りを受けることもありますが。 職人の会社ですから、営業が苦手と言うこともあります。

Q4:お電話をしてどれくらいで見積りにきてくれますか?

A

:そうですね。「すぐに」と言いたいところですが、大体、一週間前後を見て頂けると助かります。
ただ急を要する場合、雨漏りがしている状態であったりした場合に、即、お見積りを出させていただきます。臨機応変に対応しております。

Q5:お見積りをしてもらって値引き交渉とか出来ますか?

A

:はい、大丈夫ですよ。交渉が下手な中村ですし、私中村が、その場で決済いたします。ただ、出来ない金額の場合は、歩み寄って頂いております。
「会社に帰って上司と相談してから・・・・」とは言えません。 なぜなら、私が社長ですべての決済が出来るからです。

Q6:近所の人に迷惑がかかりませんか?

A

:基本的にリフォーム工事の場合、近所の方にご迷惑はかかると思いますので、弊社の場合、 ご近所の方にご迷惑がかからないように、また不快な思いをされないように努めております。
工事着工時の挨拶は弊社記名式のタオルを持ってご挨拶に伺います。 もちろん、ご近所の方が通ったときはご挨拶を徹底しております。

Q7:工事のお金はいつ払えばいいの?集金?振込み?

A

:100万以下の場合は工事完了後、請求書を受け取ってからのお支払いになります。
100万以上の場合は着工時と完工時の2度に分けていただいております。
支払方法は基本的にお振込みでお願いしております。

Q8:工事中に気をつけることは?

A

:足場や、ハシゴにぶつかって怪我をしないで頂きたいです。また、引渡し前に無断で足場や屋根に上がらないで頂きたいです。
事故が万が一あった場合、責任を取りかねます。

Q9:どうして会社によってリフォームの金額が違うの?

A

:経費の問題だと思います。大手になればなるほど従業員も多く経費がかさみます。
またその会社それぞれの下請け価格にもよりますが、小さい会社ほどお値打ちかもしれません。
営業マンの給料に歩合給を設定している会社の場合、工事金額も大きくなる可能性もあります。

Q10:よく安売りチラシのリフォーム広告が自宅に入るけど本当にそんな安く出来るの?

A

:どうなんでしょうか?出来ないのではないでしょうか?
専門の私たちから見て、不思議に思う金額の場合、どこかで手を抜いているか、工程を省いているか、 材料を落としているとしか思えません。
しかし、チラシに書いてある金額よりも実際に見積りをすると何かと理由をつけて、高額になるという 話を聞いたことがあります。

Page Top 

お電話でのお問い合わせ0120999855,メールでのお問い合わせ